ブログ | ご遺骨の供養

墓じまい後の遺骨の供養方法

墓じまいを考えている方にとっては、墓じまいをした後、遺骨をどのように管理していけばいいのかというところが悩みの種ではないでしょうか。新たに墓地や墓石を買うのが大変だということもありますし、遺骨を手元に置いておくにしてもどのように供養すればいいのかわからない方がほとんどだと思います。そこで、墓じまいをした後に遺骨を適切に管理する方法についてお話しいたします。

墓じまい後の遺骨の供養方法は主に3つ

墓じまいをした後の遺骨をどうしたら良いか、方法としては主に3つあります。

1.新たな墓地に移す

2.手元で供養をする

3.散骨をする

どの方法にするかは直接お墓を管理している人だけでなく、親族全体で考える必要があります。中には、墓じまいをして先祖伝来のお墓をなくすことに抵抗を感じる方もいらっしゃるからです。

また、墓じまいの後に散骨にする場合でも、遺骨を全て散骨してしまうのか、分骨をして一部を残しておくのか、関係する方々の意見をよく聞いて決める必要があるでしょう。

特に散骨は、一度撒いてしまうとやり直しがききませんので、よく話し合ってください。

墓じまいの手順と手続き

墓じまいとは暮石を撤去して更地に戻すことをいいます。墓じまい後にどのような形で供養するとしても、墓じまいの手続きが必要になりますので、その手順についてお話しします。

⒈墓地の管理者に相談する

⒉埋葬証明書をもらう

⒊自治体に埋葬証明書を提出し、改葬許可証を発行してもらう

まず、墓地の管理者に墓じまいをしたい旨の話をします。ここで注意をして欲しいのは、寺院(霊園)の管理者としても、いきなり墓地がなくなってしまうということに抵抗を覚えるということ、檀家にやめられると困ることからいい顔をされない場合があるということです。

墓じまいをして新たな墓地に遺骨を移す方法

お墓が遠くてなかなかお参りに行けないという場合には、今のお墓を墓じまいして、近くの墓地に遺骨を移すことになります。

墓地を移す場合には、最初に新たな墓地と契約をして受入証明書を発行してもらいます。それから上記で説明したように、墓じまいの作業に入ります。

墓じまいをして近くに移すとなるとそれなりに費用もかかります。

墓じまいをして近くに移すとなるとそれなりに費用もかかります。

また、故人がその土地で供養されることを望んでいた場合など、簡単に遺骨を違う墓地に移すことができない場合もあるでしょう。

そのような時は近くで永代供養をしてくれる寺院や霊園を探してみてはいかがでしょうか。

永代供養とは、お墓まいりができない方に代わり、お寺側で供養してもらう方法です。

しかし、永代供養といっても未来永劫管理をしてくれるわけではありません。一般的には、十七回忌や三十三回忌など節目の年まで供養をしてもらいます。

ではそのあとはどうなるかといいますと、他のご遺骨と一緒に永代供養墓に合祀されるということが多いです。

どの節目まで供養してもらえるのか、契約期間を過ぎたら遺骨はどうなるのかということは事前に確認をして寺院を選ぶと良いでしょう。

樹木葬という供養の方法

墓地は確保した上で、新たに墓石を建立するのではなく木を植えるという樹木葬という方法もあります。

樹木葬もお墓の形態の一つですが、宗派も関係なく、暮石の管理も必要ありません。頻繁にお参りに行けない人には向いている供養の方法でしょう。

ただし、樹木葬も永代供養と同じで契約の期間は決まっています。それを過ぎると遺骨は合祀されるという形が多いので、どのような供養の方法なのかを確認してください。

また、自然な形で供養できると人気の樹木葬ですが、木を植えるという性質上、山の中の墓地であることが多いのです。たまにしかお参りしないにしても、墓地へ行くまでが大変になるかもしれないということは覚えておいたほうが良いでしょう。

墓じまい後に手元で供養する方法

墓じまいをした後にお墓に入れずに手元で供養したいという方もいるでしょう。しかし、墓じまいをしたあとの遺骨をそのまま自宅に持ち帰ってきておいておくのはおすすめできません。

というのも、長いあいだお墓に入っていた遺骨は水分を含んでいますし汚れもついています。自宅にそのまま置くのは衛生的ではありません。一度きれいにして乾燥させてから新しい骨壷などに入れた方が良いでしょう。

そのままの遺骨というのは思いのほか量もあるため、粉骨をしてから骨つぼに納めるという方法もあります。

アクセサリーに加工する

遺骨をペンダントやブレスレット、指輪などのアクセサリーに加工する方法もあります。

中には、遺骨を使って人工ダイヤモンドにするという方法も。

形を変えて身につけることで、いつでも故人を身近に感じたいという方におすすめです。

位牌に収納する

仏壇があるご家庭でしたら、位牌に入れて供養するという方法はいかがでしょうか。遺骨を収納できるタイプの位牌がありますので、これなら置き場所にも困らないでしょう。

置物の中に入れる

最近では仏壇のないご家庭も増えてきました。マンションのリビングなどですと骨壷や位牌はしっくり馴染まず、違和感があります。

その場合には、骨壺に見えないような遺骨用の置物の中に入れて、写真立てなど一緒に飾り棚において供養するという方法もあります。

墓じまい後に散骨をするという方法

墓じまいをした後、手元に残すのではなく散骨をするという方法も最近増えてきています。

散骨は海や山に遺骨を撒く方法ですが、どこでも勝手に撒いていいわけではありません。山や林には土地の所有者がいますので、許可なく立ち入ることはもちろん禁止です。

また、海の場合も観光地や漁場に影響を与えないような配慮が必要になります。

遺骨を撒くにしてもそのまま撒くわけにはいきませんので、散骨業者に粉骨してもらい、周りに迷惑をかけないような細かい状態にしてから撒くのが一般的です。

海洋散骨

海洋散骨は、散骨業者に船をチャーターしてもらい、海上で遺骨を撒く方法です。

一家族だけで行く場合と、複数の家族で合同で行う場合があります。

また、遠方で散骨に行けないという場合には、業者にお任せして散骨してもらうことも可能です。

山林散骨

山林散骨とは、その名の通り山に遺骨を撒く方法です。ただし、海とは違って土地の所有者がいるため、「この山に登るのが好きだったから」というような理由で好みの場所に撒くことはできません。

多くは、人里離れた山中で一般の人が立ち入らないような場所で行います。場所を公開してしまうと近隣に風評被害を与える恐れがあるため、一緒に行く方だけにわかるようになっています。

心置きなく遺骨を供養できるように

後継者がいないなどの理由で墓じまいを考える時に大切なのは、その後の遺骨の供養法です。ここでご紹介したとおり、様々な供養方法がありますので、ぜひ最適な供養方法を見つけてください。

粉骨,供養の専門業者のページトップへ

お一つお一つ丁寧に、施させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。

粉骨,供養の専門業者の平日10:00〜18:00 0120-152-783 無料相談はこちら