粉骨サービス

こころの粉骨サービス

こんな時は私たちにお任せください

  • 海洋散骨・樹木葬で自然に還してあげたい
  • 永代供養・納骨堂に引越ししたい
  • ご自宅で(お手元で)供養がしたい
  • お墓の整理をするのにかさを減らしたい

2種類の粉骨メニューからお選びいただけます

手作業粉骨と一般粉骨

手作業粉骨と一般粉骨

遺骨サービスこころでは、乳鉢と乳棒を使った手作業粉骨と、専用の粉骨機による「一般粉骨」の2種類がございます。粉骨とはご遺骨を粉(パウダー)にすることです。粉にすることによって容積が少なくなり小スペースでご遺骨を安置することが可能になることに加え、様々な形のご供養方法をお選びいただくことができます。手作業粉骨のみ、ご来店によるお立ち会いが可能です。

ご遺骨のかさを約1/6に

火葬されて拾骨をしたご遺骨や、墓じまいでお墓から取りだしたご遺骨を長期間にわたり大きな骨壺のままでご自宅に安置されている方も少なくありません。
ご遺骨を拾骨する量はお住まいの地域にもよりますが、地域によっては7寸以上の骨壺に納め、骨箱の大きさも約30cm四方とかなり大きな物となります。ご遺骨は粉骨することにより、一般的にはかさを1/4から1/5にすることができるといわれています。
こころでは独自のノウハウで粉骨・圧縮することにより業界最小の1/6にまで小さくすることが可能です。お洒落に小さくすることで、タンスの上やリビングにも違和感なく安置することができます。

ご遺骨のかさを約1/6に

ご供養の形に合わせたパッケージをご用意

真空・防湿パックを標準で採用した「基本パッケージ」

真空・防湿パックを標準で採用した「基本パッケージ」

粉骨を他社様でされたお客様から「しばらくすると遺骨が固まっていて、どうすればよいですか?」とのご相談を受けました。
粉体は保管環境によって湿気により固まり易い性質を持っています。こころでは、大切なご遺骨をいつまでもサラサラな状態で安置できるよう、分骨などの一部の方法を除き真空パックとアルミの防湿パックを標準で採用しております。

自然葬向けの「散骨パック」

焼骨には、発がん性物質である六価クロムが環境基準の数倍から数十倍含まれている場合があります。散骨パックのご遺骨は必ず六価クロムの無害化処理を施してから粉骨いたします。水溶性紙袋に納め、真空パックとアルミの防湿パックでお包みし、参加人数に応じて小分けすることも可能です。海外散骨向けに英文での粉骨証明書も発行しております。できるだけ優しい方法でご遺骨を粉にします。

自然葬向けの「散骨パック」

手作業粉骨

このような方にお勧めです

  • 時間や価格にはこだわらない
  • 機械による粉骨に抵抗がある
  • 出来れば立ち会って参加したい

できるだけ優しい方法でご遺骨を粉にします

手作業粉骨は、一般粉骨に比べお時間とご費用がかかりますが、大切な方のご遺骨ですので、手作業粉骨を選ばれる方もたくさんおられます。3寸までは乳鉢と乳棒のみで粉骨いたしますが、4寸以上の場合は乳鉢・乳棒と陶製のポットを使用し、ゆっくりと回転させることでご遺骨同士の摩擦によってパウダーにしていきます。

お返しまでにかかるお時間

ご来店約2〜5時間
ご郵送7営業日以内

お立ち会いをご希望の場合は予めご予約が必要です。

ご来店に限りお客様もお立ち会いいただけます

こころでは、「粉骨に立ち会いたい」と希望されるお客様のご要望にお応えし、手作業粉骨に限りお立ち会いいただけます。お立合いによる粉骨は、ご遺骨の量にもよりますが2~5時間お時間をいただきます。その為、ご希望のお客様には前もってのご予約とお時間をいただいております。

クリーンルーム

粉骨作業はプラズマクラスター、集塵機を完備したクリーンルーム内で施しますので安心してご参加いただけます。

プラズマクラスター、集塵機を完備

一般粉骨

このような方にお勧めです

  • できるだけ短時間で粉骨がしたい
  • できるだけ低価格で粉骨がしたい
  • 粉骨の方法には特にこだわらない

粉骨機を使って粉にいたします

ご遺骨専用の粉骨機による施行となります。粉骨機による粉骨は一般的ですが手作業粉骨に比べると、短時間で低価格にて粉骨することができます。一般粉骨の際も、他の方のご遺骨と混ざらないよう、粉骨機は施行ごとにその都度綺麗にし消毒をしてから新たに次のご遺骨の粉骨作業をいたします。
ご来社いただきご遺骨をお持ち込みされた場合、最短で約一時間でお返しすることが可能です。

お返しまでにかかるお時間

ご来店約1時間
ご郵送7営業日以内

施行の流れ

01 含水量の検査

01 含水量の検査ご遺骨を骨壺から取り出し、目視と磁石によりご遺骨に混ざった金属や非鉄金属等の異物を取り除いた後ご遺骨に含まれる水分量を測定し、基準値を上回る場合は乾燥させ、粉骨の際にペースト状になるのを防ぎます。

02 環境・人体への配慮

02 環境・人体への配慮散骨等でご遺骨を自然に還すことをご希望の場合は、環境汚染に配慮するため、試験薬にてご遺骨に含まれる六価クロムの含有量を測定し、基準値を上回る場合は還元剤にて無害化処理を施します。

03 乳鉢を使って粉骨

03 乳鉢を使って粉骨手作業粉骨は、ご遺骨を乳鉢に移し乳棒でパウダー状にしていきます。ご遺骨の量に応じて陶製のポットを併用しポットをゆっくりと回転させることで粉骨していきます。一般粉骨は、ご遺骨専用の粉骨機にて粉骨していきます。

04 ご希望の形に包装

04 ご希望の形に包装再度異物の混入を確認後、できる限り長期間サラサラの状態で保管できるよう、真空パックと防湿アルミパックでお包みした後に箱に納めます。散骨パックをご希望の場合は水溶性紙袋に小分けしてお包みします。

粉骨料金

手作業粉骨

2~2. 3寸 7,000円(税別)
3寸 10,000円(税別)
4~5寸 17,000円(税別)
6~7寸 23,000円(税別)
お立合い費用 12,000円(税別)

一般粉骨

3寸 7,000円(税別)
4~5寸 10,000円(税別)
6寸~ 15,000円(税別)

サービス・料金の詳細はこちら

粉骨に関するよくあるご質問

手作業で粉骨してもらえますか?
3寸までの骨壺は基本的にすべて乳鉢と乳棒で手作業で行います。それ以上の大きさの場合は、乳鉢・乳棒と陶器製の回転ポットを併用して行います。
一般粉骨に立ち会うことはできますでしょうか?
申し訳ございません。弊社では、お立合いに関しましては手作業粉骨のみとさせていただきます。
遺骨を粉骨するとどれぐらいの大きさになりますか?
お包みの方法にもよりますが、容積は1/4〜1/6にすることが可能です。
納骨の予定がありませんが自宅で長期間安置できますか?
お返しの際は、真空パックとアルミの防湿パックでお包みいたしますので長期間の保管でも安心です。
お墓から取り出した遺骨は粉にできますか?
粉骨することは可能ですが、ほとんどの場合結露等でご遺骨が湿っておりますので、そのまま粉骨を施しますと、ご遺骨がペースト状になりますので、洗骨・乾骨が必要です。
遺骨に緑色のようなものが付着していますがカビでしょうか?
ご骨に含まれるミネラル成分である金属の硝煙作用によるもので、カビではございません。
他人の骨と混ざったりしませんか?
弊社では、ご遺骨が他の方と混ざらないよう、お一つお一つ個別にて施行をいたします。施行に使用する機器に関しましても、その都度綺麗にし消毒いたしますのでご安心ください。
粉骨後に散骨もしていただけますか?
弊社には海洋散骨事業部がございますので、海への散骨も承ります。
粉骨後の骨にはカビが生えたりはしませんか?
粉骨後は真空パックとアルミの防湿パックでお包みいたしますので、長期間安心して保管いただけます。
粉骨後の遺骨は真っ白になりますか?
ご遺骨の中に色のついたものが混ざっている場合は多少色のつく場合がございます。例えば炭化して黒色に変色したご遺骨が混ざっている場合は、多少灰色がかった色になる場合がございます。
小さな手元供養用に分骨もできますか?
ペンダントや小さな骨壺等、納める容器に応じての小分けも承ります。但し、他社様で購入された商品への納入は有料とさせていただき保証の対象外とさせていただきます。
不要品はそちらで処分できますか?
骨壺・骨箱等、お客様がご不要の場合はこちらで無料にて処分させていただきます。遺品やお位牌に関しましては、有料でのお焚き上げも承ります。
お位牌・ご遺影(1点につき) 5,000円(税別)
その他の小物(1点につき) 3,000円(税別)

お申込みの流れはこちら

ページトップへ

お一つお一つ丁寧に、施させていただきます。
まずはお気軽にご連絡ください。

平日10:00〜18:00 0120-152-783 無料相談はこちら